住宅ローンの借り換えにはメリットがありますよ!

ここ数年、住宅ローンの借り換えを行う家庭が増えてきたと聞きました。

というのも、日本経済の先行きへの不安や、いつ起こるかも知れない災害への

備えなどを考えると、お金の大切さが身にしみるようになったのか、

家計を見直すところが多くなってきたからのようです。

多少面倒でもそのまま惰性でローンを払い続けるよりは、住宅ローンの借り換えを

した方がお得とわかったら、それに飛びつくのも当然のことでしょう。

そもそも借り換えというのは簡単にいうと、今利用している住宅ローンよりも

さらに有利な条件の住宅ローンへと乗り換えることです。

数年前に4%でローンを組んだ人が、1~2%の低金利となった商品へと

鞍替えしたくなるのも無理はなく、借り換え利用者が増えていることも頷けます。

なぜなら、金利差が1%違うだけで、年間の返済額に数十万円もの差が出ますから、

これを浮かせられるのなら、ライフスタイルを随分変えることができますものね。

私の知人も、この話をどこかから聞いて、あわてて住宅ローンの借り換えを行ったのですが、

今まで毎日の生活を、住宅ローンのために切り詰め、子供たちの学費も必要と、

自分の洋服代や、美容院の費用まで削って節約していたのですが、

そんなことをする必要もなくなったと、安心して暮らせるようになったみたいです。

このように、知らないでいると言うことは、非常に損が多いので、

まずはご自分の住宅ローンの現状を調べておくことが肝心です。

大体、住宅ローンの借り換えは、金利が4%以上ある人、

住宅ローン残高が1,000万円以上の人、借入れの残存期間が10年以上の人、

金利差1%以上の場合に、メリットがあるみたいですね。

次に、借り換えのための費用ですが、抵当権抹消登記費用、抵当権設定登記費用、

登録免許税、印紙税、ローンの保証料、事務取扱い手数料、司法書士手数料、

火災保険料などがかかるようになっています。

金額は、ローンがどれだけ残っているかや各金融機関ごとによって異なるので、

まずは問い合わせだけでもしてみると良いでしょうね。

ただいま、低金利時代の真っ最中で、住宅ローン引き下げ競争が加速し、

各金融機関が顧客を獲得しようと、さまざまな期間限定のキャンペーンを行うことも

多いので、それを狙ってみるという手もあります。

たしかに借り換えの手続きは、面倒には違いありませんが、

一度やってしまえば、あとは楽にお得な生活に入るのですから、

それを逃す手はありませんね。